障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 IPCからの問い合わせ
荒井監督の情熱日記
IPCからの問い合わせ

国際パラリンピック委員会(IPC)のディミトリ冬季スポーツ部長から問い合わせがありました。
メールで「IPCノルディックスキー委員会が、IPCから委任されました。運営委員会のトップがIIノルディックスキースポーツのコンペスケジュールを作ります。これは新しい展開なので、この数日のうちにあなたと連絡をとって、このスポーツを競争的なレベルに引き上げるために、タイムラインと目標のスケジュールについて話したいです。」とのこと。

IIとは、「アイアイ」と発音しています。知的障害の略称で「Intellectually Impaired」。
リオも終わり、冬季スポーツの準備がIPCでも始まっています。明日、デミトリ氏とスカイプする予定です。
II Nordic skiing、前進することを期待していますが、IPCノルディックスキー委員会の積極的な活動が必要です。
また、ノルディックスキー強国として、ロシア、ウクライナ、ノルウェー、フィンランド、ドイツなどが有名ですが、INAS世界大会には残念ながら参加していません。
北米やアジアもそうですが、II選手の発掘や育成、強化を図ることが求められています。

2016年9月22日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM