障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 ワールドカップカナダ大会4日目結果:出来島桃子7位、佐藤圭一...
ニュース
2017年12月15日
ワールドカップカナダ大会4日目結果:出来島桃子7位、佐藤圭一9位
====================================
IPCノルディックスキー ワールドカップ第1戦カナダ大会 4日目の結果
バイアスロン・インディビジュアルで出来島桃子7位、佐藤圭一9位

====================================
国際パラリンピック委員会(IPC)主催のノルディックスキーワールドカップ(大会略称名:障害者スキーW杯)第1戦カナダ大会が12月9日(土)からカナダキャンモアで開幕し、大会4日目の男女バイアスロン・インディビジュアルが行われました。

日本からは4選手が出場し、女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)が7位、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)は9位、視覚の高村和人選手(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)11位、座位の新田のんの選手(北翔大学)は12位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦:カナダ大会4日目
====================================
■開催日/12月14日(木)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/16時間
■開催地/カナダ キャンモア
■天候/晴れ  ■気温/-3℃  ■雪温/-8℃

■開催種目/男女バイアスロン・インディビジュアル
      立位・視覚男子15km 立位・座位女子12.5km

●競技方式
・予選なしの1ラウンドのみで競う
・射撃は1回5発を4回行う
・射撃のペナルティーは1発外すごとに走力タイムに1分が加算される
●記録内のPはペナルティー(射撃で外した数)。()は内訳
 例)P=2(0+1+0+1)
    =ペナルティー2(1回目+2回目+3回目+4回目) ************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 佐藤 圭一(エイベックス) 9位 42分53秒4 P=4(2+0+0+2)
 [優勝:ベンジャミン・ダビエ(フランス) 35分46秒3 P=0]

▼視覚の部
 高村 和人(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭) 11位 59分23秒4 P=11(2+1+4+4)
 (ガイドランナー 藤田 佑平)
 [優勝:スタニスラフ・チョクラエフ(ロシア、NPAで登録) 35分54秒4 P=0]

【女子】
▼立位の部
 出来島 桃子(新発田市役所) 7位 51分13秒9 P=10(1+2+4+3)
 [優勝:エカテリーナ・リュミヤンセヴァ(ロシア、NPAで登録) 37分06秒3 P=1(0+0+1+0)]

▼座位
 新田 のんの(北翔大学) 12位 1時間01分20秒3 P=3(1+1+0+1)
 [優勝:オクサナ・マスターズ(アメリカ) 46分00秒9 P=2(0+1+0+1)]

************************************************************************

■談話
▼佐藤 圭一選手(エイベックス)

日差しの影響からかゼロがうまく合わせられず第1射撃で2発外し、チームの弾痕伝達により修正をしたものの完璧な10点圏までには及ばず、後半最終射撃で2発外し計4ペナルティとミスが目立った。
またスキーでは、雪上トレーニングによる滑り込み不足もあり、テクニック的な部分での課題が浮きぼりとなった。ワックスは良くスキーは滑り、チームのサポート体制は完璧だったものの、それに応える結果が出せず悔しい結果となった。
今シーズン射撃は、レース形式練習のボリュームも少なく、これから実践的なトレーニングを多く取り入れ、スキーの方も技術的な練習に重点を置き残りのシーズンを闘っていきたい。

▼瀧澤 明博 バイアスロンヘッドコーチ(JPS専任コーチ)
バイアスロン競技初日の今日はインディビィデュアル競技が行われた。
男子立位の部に佐藤圭一、女子立位の部に出来島桃子、男子視覚の部に高村和人(ガイドランナー、藤田佑平)、シット(座位)の部に新田のんの、以上4選手を出場させ挑んだ。
女子の出来島が日本最高位となる7位となった。女子は2.5kmを5回周回し1周毎に射撃をして標的5個に対し弾を5発撃ち、外れるごとに1分を走行タイムに加算される。前半の射撃2回では5位以内と健闘していたが後半2回の射撃で外した数が多くなり7位に後退した。少し風が強まったのと太陽光線が日陰になってしまった事で影響を受けてしまった。合計ペナルティー10、次のレースでは今日の反省を活かして行きたい。
その他では、男子の佐藤が9位ペナ4、高村が11位ペナ11、新田が12位ペナ3の結果に終わった。ペナルティー次第ではまだまだ上位を狙えるので修正して次のレースに臨みたい。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

2017年
12月9日~17日 IPCワールドカップ第1戦 カナダ/キャンモア

2018年
1月6、7日    第20回全日本障がい者クロスカントリースキー競技大会 北海道/旭川市
2月2日~10日  IPCワールドカップ第3戦 フィンランド/ボッカティ
3月10日~18日 平昌パラリンピック 韓国/ピョンチャン

2月25日~3月2日INAS 知的障害者スキー世界選手権大会 ポーランド(予定)
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM