障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 IPC障害者ノルディックスキーワールドカップ最終戦4日目の結...
ニュース
2013年3月20日
IPC障害者ノルディックスキーワールドカップ最終戦4日目の結果  リレーで5位!
********************************
IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ最終戦 4日目の結果
ミックスクラスエントリーで5位!

********************************
国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)最終戦が3月16日にロシア・ソチで開幕し、大会4日目のクロスカントリースキー・リレー・ミックスクラス、オープンクラスの2クラスが行われました。
日本はミックスクラスにエントリーし、5位に入りました。
日本の成績と種目優勝チームは以下の通りとなります。

=============================
IPCノルディックスキーワールドカップ最終戦:ロシア大会第4日目
=============================
■開催日/3月19日(火)
■スタート時間/午前11時00分
■時差/日本より-5時間
■開催地/ロシア・ソチ
■天候/晴れ
■気温/-4.5℃
■雪温/-4.7℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・リレー
         ミックスクラス、オープンクラス

■ミックスクラス
 日本:5位
(32分31秒3)
  1走 太田 渉子 (区間6位:9分15秒1)
  2走 新田 佳浩 (区間1位:6分43秒0)
  3走 久保 恒造 (区間3位:7分48秒4)
  4走 阿部 友里香(区間5位:8分44秒8)
  ※1走・3走はクラシカル走法、2走・4走はフリー走法
  [優勝:ロシア(30分31秒0)]

■談話
▼荒井 秀樹 監督

ミックスリレーが行われ、日本は5位入賞を果たした。特に2走の新田佳浩が、6分44秒の区間1位という成績で日本を引っ張ってくれた。
このタイムは、ロシアのブラインド選手に1秒速いタイムで、課題のスケーティングでも活躍することができた。
アンカーの阿部友里香は順位を1つ落として、結果は5位に終わったが、3位のドイツまで1分14秒差と次につながる接戦を演じて見せた。
この結果を明日からのバイアスロンレースに繋げていきたい。
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2019年]

3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM