障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第1戦 3日目...
ニュース
2013年12月13日
IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第1戦 3日目の結果
====================================
IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第1戦 3日目の結果
男子立位の新田佳浩、男子座位の久保恒造が共に5位!

====================================
国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が12月9日にカナダ・キャンモアで開幕し、大会3日目の男女クロスカントリースキー・ロング・クラシカルが行われました。
日本からは2選手が出場し、新田佳浩選手、久保恒造選手(共に日立ソリューションズ)が5位に入りました。
日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦:カナダ大会3日目
====================================
■開催日/12月12日(木) ■スタート時間/午前10時00分
■時差/日本より-16時間  ■開催地/カナダ・キャンモア
■天候/曇り ■気温/−4℃  ■雪温/−7℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・ロング・クラシカル
     (立位20km、座位13.3km)

【男子】
▼座位の部
 久保 恒造    5位     38分53秒1
 [優勝:イレク・ザリポフ(ロシア) 38分06秒3]

▼立位の部
 新田 佳浩    5位     58分00秒2
 [優勝:ルーシャン・ミネグロフ(ロシア) 53分52秒2]

************************************************************************

■談話
 ▼新田 佳浩
ソチ本番で狙っている種目だったので、この結果は非常に悔しい気持ちが強い。今シーズン、ペースを落とさないように意識してトレーニングして来た事が出せなかったのは今後の課題だ。今日のレースでペースが落ちたのは、疲れた時にフォームがバラバラになってしまった事が原因なので、苦しい中でも技術的な部分をしっかりと出せるように意識して、ソチに臨みたい。

 ▼久保 恒造
現段階の自身の仕上がり具合を考えると、入賞圏内が目標だった。結果は5位だったが、レース内容としては想定内のレースを展開する事ができた。このコース自体は得意とする登りが少ないので、それを考えると、内容としては決して悪くはなかった。中一日置いて、バイアスロンレースが始まるが、一戦一戦大切にして、実践でしか積めない感覚を早く掴んでいきたい。

 ▼荒井 秀樹 監督
ロングレースをロシア勢と競い、久保恒造、新田佳浩共に5位という結果だった。久保のレース展開は、前半、3位以内の選手と秒差で戦い、今持てる力を出し切った。また、久保、新田共に、最後の周回ではトップの選手と遜色の無い走りをしているので、前半から中盤への繋ぎをどのように戦うかが課題だ。
シットスキーの用具開発やワックスなど、まだまだ改善出来る点があるので、早急に対応したい。選手の課題も明確になったので、本番の種目でもあるロングレースで表彰台を目指して頑張っていきたい。日本の皆様の応援をありがとうございました。

ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2019年]

3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM