障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 ワールドカップ旭川大会3日目 阿部友里香が2位、新田佳浩、加...
ニュース
2015年2月17日
ワールドカップ旭川大会3日目 阿部友里香が2位、新田佳浩、加藤弘が3位!!
====================================
IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第2戦 3日目の結果
クロスカントリースキー・ロング・クラシカルで、立位の阿部友里香2位、立位の新田佳浩、ブラインドの加藤弘が3位!!

====================================
国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第2戦が2月14日に北海道旭川市で開幕し、大会3日目の男女クロスカントリースキー・ロング・クラシカルが行われました。
「2015 IPC クロスカントリースキー ワールドカップ旭川大会」は、障がい者クロスカントリースキーではアジア初のワールドカップです。世界9か国から選手が参加しています。
本日のレースには日本からは6選手が出場し、女子立位の阿部友里香選手(日立ソリューションズJSC)が2位、男子立位の新田佳浩選手(日立ソリューションズ)、男子ブラインドの加藤弘選手(ぎしん治療院)が3位に入りました。
日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
IPCノルディックスキーワールドカップ第2戦:旭川大会3日目
====================================
■開催日/2月17日(火)
■スタート時間/午前10時00分
■開催地/北海道旭川市 富沢クロスカントリースキーコース
■天候/晴れ   ■気温/2℃  ■雪温/2℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・ロング・クラシカル
  女子立位    15km(5x3.0km)
  女子座位    12km(4x3.0km)
  男子立位・視覚 20km(6x3.3km)
  男子座位    15km(5x3.0km)

 ※2015 IPC クロスカントリースキー ワールドカップ旭川大会 特設サイト
  http://japanteam.jp/wc/index_j.html

 ※参加選手の一覧はこちら 
  http://japanteam.jp/wc/pdf/athlete_list0213fin.pdf
************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 新田 佳浩   3位  1時間00分27秒3
 佐藤 圭一   6位  1時間04分57秒6
 岩本 啓吾  10位  1時間11分49秒2

 [優勝:ブラディスラフ・レコムチェフ(ロシア)59分31秒2]

▼視覚の部
 加藤 弘(ガイド 山本克俊) 3位  1時間25分31秒0

 [優勝:ブライアン・マキーバー(カナダ)1時間00分15秒5]

【女子】
▼立位の部
 阿部 友里香  2位  1時間01分20秒4
 出来島 桃子  4位  1時間05分58秒8

 [優勝:ブリタニー・フダック(カナダ)57分04秒2]

************************************************************************

■談話
▼新田 佳浩 選手

レースが日中ということで気温が上がることを想定しながらグリップワックスを選択するのは難しかったが、良いワックスを選択することができ、不安がなくレースに臨むことが出来た。 レースでは、終盤までロシア選手と争うことが出来たことは収穫だったが、最後に競り負けてしまったところは、今後の課題でもあります。 明日からのレースも表彰台に立てるように頑張りたい。

▼阿部 友里香 選手
今日はクラシカルミドルの反省を生かし落ち着いて滑るよう心がけた。気温が高い中でのロングレースだったがグリップもしっかり止まり、滑りきることができた。ただトップのブリタニーとの差が開いてしまったので、今後さらに差を開けられないようトレーニングしていきたい。

▼加藤 弘 選手
ブラインドクラス初のメダル獲得が出来て嬉しいです、このメダルは、皆 さんの力の結集ど獲得出来たメダルです、ありがとうございます。

▼大平 紀夫 ヘッドコーチ
今日は晴れて気温が上がり時間を追うごとに雪が解けコンディションが変化していく中でのレースだった。ワックスチームはコンディションの変化を想定し、ベストなワックスを選択することができた。レースの終盤までよく効くグリップワックスが選手の持っている力を100%引き出し、今シーズンのクラシカルレースの中では、ベストのレースを選手全員がすることができた。選手の力、ワックスチームの力が一体となったレースだった。残りの2戦も全力で戦っていきたい。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

◇ワールドカップ第2戦 北海道旭川市◇
 2月18日(水)スプリント(フリー) 
 2月19日(木)ミドル(フリー) 

3月7日・8日     2015ジャパンパラクロスカントリースキー競技大会 長野県/白馬村

3月16日~22日   ワールドカップ最終戦  ノルウェー/サニーベール
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2017年]

10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM