障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 【速報】第20回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会...
ニュース
2017年1月 8日
【速報】第20回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会の結果
====================================
第19回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会 
クロスカントリースキー フリーの結果!!

====================================
特定非営利活動法人 日本障害者スキー連盟主催の第19回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会が1月8日(日)北海道旭川市富沢クロスカントリースキーコースで開催されました。

この大会はクロスカントリースキーを通して、障がい者スキーの普及・促進、そして選手個々の技術向上を目的として、長野パラリンピック後から始まった記念すべき障害者クロスカントリースキー大会です。今年は身体に障害のある選手だけではなく、3月にフランスで開催される「INAS知的障害者スキー世界選手権大会」に出場予定の知的障害の選手も出場しました。

競技登録者の部では、立位男子は新田佳浩(岡山県、日立ソリューションズ)が、座位女子は新田のんの(北海道、札幌デザイナー学院専門学校)が優勝、ID男子では村越裕太郎(新潟県、新潟魚沼SO)、ID女子は青柳伶奈(北海道、美深高等養護学校あいべつ校)が優勝しました。

各選手の成績は以下の通りとなります。

====================================
第19回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会 大会概要
====================================
■開催日/1月8日(日)
■スタート時間/午前9時30分
■開催地/北海道旭川市富沢クロスカントリースキーコース
■天候/晴れ   ■気温/ー4℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・フリー
************************************************************************

【男子】
▼立位1部(5km)
 新田 佳浩(岡山県、日立ソリューションズ) 1位 13分20秒2
 星澤 克 (北海道、立命館慶祥高等学校) 2位 14分24秒0
 小林 稔 (長野県、長野県松本盲学校) 3位 16分13秒8
  ガイド 野上 宏

▼ID1部(5km)
 村越 裕太郎(新潟県、新潟魚沼SO) 1位 14分42秒0
 山田 雄太 (北海道、パラレルクラブ) 2位 14分53秒7
 下坂 雄一 (北海道、パラレルクラブ) 3位 15分28秒7

▼立位2部(2km)
 白石 昇(北海道、旭川ラピッドクラブ) 1位 14分23秒3
  ガイド 森 映

▼ID2部(2km)
 近藤 久雅 (北海道、NPO法人きらり) 1位 8分39秒0
 齋木 敦規 (北海道、北海道美深高等養護学校あいべつ校) 2位 8分39秒4
 渡辺 天佑 (北海道、北海道美深高等養護学校あいべつ校) 3位 10分01秒3

▼ID中学(2km)
 山本 達騎 (北海道、旭川市立神居中学校) 1位 8分34秒3

▼一般
◎A(1km)
 畠山 憲汰 (北海道、西御料池小学校) 1位 6分46秒7
 佐伯 翔馬 (北海道、神居XC) 2位 8分03秒4
 加藤 雄大 (北海道、神居XC) 3位 11分14秒5

◎B(2km)
 樋口 勘太 (北海道、神居XC) 1位 8分40秒3

◎D(5km)
 追出町 広樹(北海道、初山別学園) 1位 41分19秒5
 今野 芳人 (北海道、初山別学園) 2位 54分30秒7

◎E(5km)
 坂口 浩 (北海道、初風) 1位 50分31秒8

◎F(2.5km)
 清水 実 (北海道、旭川ろうあ協会) 1位 14分07秒1


【女子】
▼座位1部(2.5km)
 新田 のんの(北海道、札幌デザイナー学院専門学校) 1位 11分51秒7

▼ID1部(2.5km)
 青柳 伶奈 (北海道、北海道美深高等養護学校あいべつ校) 1位 10分45秒7
 中澤 恵  (新潟県、長岡XCスキーチーム) 2位 10分56秒2
 倉部 宏美 (北海道、パラレルクラブ) 3位 11分38秒4

▼ID2部(2km)
 戸島 寿々香 (北海道、北海道美深高等養護学校あいべつ校) 1位 11分17秒6
 松下 世里香 (北海道、北海道美深高等養護学校あいべつ校) 2位 13分36秒3
 菅野 かおり (北海道、パラレルクラブ) 3位 18分08秒9

▼ID小学(2km)
 佐藤 亜美 (北海道、旭川市立陵雲小学校) 1位 31分25秒7

▼一般の部
◎A(1km)
 山本 真優 (北海道、神居XC) 1位 4分06秒4


【チャレンジ混合】(1km)
 遠藤 健吾 (北海道、希望学園) 1位 9分39秒4
 田村 昌幸 (北海道、希望学園) 2位 10分36秒1
 佐野 智晴 (北海道、希望学園) 3位 10分43秒0

************************************************************************

■各優勝者の談話
◯男子 立位の部優勝
▼新田 佳浩選手
(日立ソリューションズ)
今シーズン初のスケーティングのレースで優勝することができて良かった。
まだ技術的な部分で改善する必要があるので、滑り込みを行って世界選手権、ピョンチャン、札幌に繋げていきたい。

◯男子 IDの部優勝
▼村越 裕太郎選手
(新潟魚沼SO)男子 ID1部の部優勝
初優勝で、嬉しかったです、また、世界大会に行ってまた表彰台に立てられるようにがんばりたいです。

◯女子 座位の部優勝
▼新田 のんの選手
(札幌デザイナー学院専門学校)女子 座位の部優勝
上り坂が課題だったのですが止まらずにペース良くストックをつくことができてうれしかったです!次の大会に向けて平地と上り坂を更にペースをあげられるようトレーニングをします。
ワックスを塗っていただいたりスキー板等を運んでいただいたり、周りの方に協力をして頂けて結果を出すことが出来ました。これからも頑張りますのでよろしくお願い致します。

◯女子 IDの部優勝
▼青柳 怜奈選手
(北海道美深養護学校あいべつ校)
大会に向けて練習してきて優勝という結果を出すことができてうれしかったです。
これからも、もっと練習して日本代表になれるように頑張ります。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

2017年
1月13日~20日 IPC ワールドカップ第2戦 ウクライナ/ウェスタン・センター
2月11日~19日 IPC 世界選手権 ドイツ/フィンステラウ
3月10日~15日 IPC ワールドカップ第3戦 韓国/ピョンチャン
3月18日~22日 IPC ワールドカップ最終戦 日本/札幌
3月27日~4月1日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会 フランス
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2021年]

3月 2月

[2020年]

3月 2月 1月

[2019年]

12月 3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM