障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 ワールドカップフィンランド大会クロスカントリー・スプリント・...
ニュース
2018年12月16日
ワールドカップフィンランド大会クロスカントリー・スプリント・クラシカルで川除大輝3位、新田佳浩5位
====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第1戦 4日目の結果
クロスカントリー・スプリント・クラシカルで川除大輝3位、新田佳浩5位

====================================
国際パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が12月12日にフィンランドのボッカティで開幕し、大会4日目の男女クロスカントリー・スプリント・クラシカルが行われました。

日本からは7名の選手が出場し、男子立位の川除大輝選手(日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県立雄山高校)は予選を1位で通過し、決勝でも果敢に戦い3位、今シーズン2つ目のメダル獲得となった。新田佳浩選手(日立ソリューションズ)は予選3位、決勝では僅差で敗れ5位入賞となりました。女子立位の阿部友里香選手(日立ソリューションズ)は予選10位でセミファイナルに進みましたが、決勝には進むことができませんでした。 そのほか、佐藤圭一選手(エイベックス)は16位、岩本啓吾選手(東京美装興業)18位、座位の森宏明選手(明治大学)は20位、女子立位の岩本美歌選手(富山市立大沢野中学校)は15位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第1戦:フィンランド大会4日目
====================================
■開催日/12月16日(日)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/7時間
■開催地/フィンランド ボッカティ
■天候/曇り   ■気温/-8℃  ■雪温/-5℃

■開催種目/男女クロスカントリー・スプリント・クラシカル
      立位男女1.2km、座位男女0.8km

●競技方式
 予選を行い、準決勝、決勝を行うノックアウト方式
 予選上位12人が準決勝へ進出、2組に分かれて決勝進出を競う
 各組上位3人が決勝へと進み、決勝は6選手で競う

************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 川除 大輝(日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県立雄山高校) 3位 
 新田 佳浩(日立ソリューションズ) 5位
 佐藤 圭一(エイベックス) 16位
 岩本 啓吾(東京美装興業) 18位
 [優勝:ヴィトールド・スクピエン(ポーランド)]

▼座位の部
 森 宏明(明治大学) 20位
 [優勝:コリン・キャメロン(カナダ)]

【女子】
▼立位の部
 阿部 友里香(日立ソリューションズ) 12位
 岩本 美歌(富山市立大沢野中学校) 15位
 [優勝:ビルデ・ニールセン(ノルウェー)]

************************************************************************

■談話
▼川除 大輝選手
(日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県立雄山高校)
下りは不利になるので、登りでどれだけ稼げるかが勝負だった。そのため、今日はとにかく登りを頑張ろうと思って臨んだ。 決勝レースでは、スタートからしっかりスピードに乗れた点は良かった。その結果メダルをとれたのは嬉しいが、予選で1位だったので銅メダルとなってしまったことは正直悔しい。 カナダでもまたメダルがとれるよう頑張りたい。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)
予選12名が準決勝へ進み、各組3人が勝ち抜けるノックアウト方式のスプリントレース、川除大輝、新田佳浩の2名が決勝へ進んだ。

予選を1位通過した川除、3位の新田に期待がかかった決勝戦は6名、平昌パラリンピックのメダリストも勢揃いしたハイレベルのメンバーで行われた。障害の重いクラスからスタートし、障害の軽いクラスの選手が追いかけるハンティングスタート。2本のストックを持たないLW5/7クラスの川除らがスタートし、29秒後にLW6、34秒後にLW8の新田佳浩がスタートした。
今年のフィンランドは雪不足でコースも狭く、後からスタートする選手にとっては、位置どりが難しい展開となった。中盤までトップを走る川除もポーランド選手やウクライナ選手に接戦を演じたが3位、新田は僅差で悔しい5位だった。
まだ雪上トレーニングが始まったばかりの日本選手にとっては、今シーズンの最大の山場にしているワールドカップ札幌大会へ手応えを感じさせる走りだった。

阿部友里香も準決勝まで進んだが6着で敗退。予選で健闘を見せた佐藤圭一、岩本啓吾、森宏明、岩本美歌も次のレースに期待がかかる内容を見せている。

クロスカントリースキーチームは今日でレースが終了し明日帰国する。残りバイアスロン2レース、チーム一丸となって戦いますので、日本の皆様の応援をよろしくお願いします。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================
2019年
1月 5~ 6日  第21回全日本障がい者クロスカントリースキー競技大会 北海道/旭川市
1月12~19日  WPNSワールドカップ第2戦 スウェーデン/エステルスンド(日本チーム不参加)
2月15日~24日 世界選手権 カナダ/プリンスジョージ
3月13日~17日 WPNSワールドカップ第3戦 日本/札幌

3月 5日~11日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM