障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 ワールドカップフィンランド大会バイアスロン・スプリントで佐藤...
ニュース
2018年12月18日
ワールドカップフィンランド大会バイアスロン・スプリントで佐藤圭一が8位入賞!
====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第1戦 5日目の結果
バイアスロン・スプリントで佐藤圭一が8位入賞!

====================================
国際パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が12月12日にフィンランドのボッカティで開幕し、大会5日目の男女バイアスロン・スプリントが行われました。

日本からは4名の選手が出場し、無風状態の射撃命中率、射撃タイムそして走力が問われるなか、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)が8位入賞しました。
また、座位の森宏明選手(明治大学)は15位、女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は10位、阿部友里香選手(日立ソリューションズ)11位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第1戦:フィンランド大会5日目
====================================
■開催日/12月18日(火)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/7時間
■開催地/フィンランド ボッカティ
■天候/曇り   ■気温/-5℃  ■雪温/-5℃

■開催種目/男女バイアスロン・スプリント
      立位・座位男子7.5km、立位女子6km

 ●競技方式
 ・1周ごとに1回射撃を行う
 ・射撃は1回5発を2回行う
 ・射撃のペナルティーは1発外すごとに1周150mのペナルティーループを周回する
 ●記録内のPはペナルティー(射撃で外した数)。()は内訳
  例)P=1(0+1)=ペナルティー1。(1回目+2回目)
************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 佐藤 圭一(エイベックス) 8位 22分12秒9 P=3(1+2)
 [優勝:ニルス・エリック・ウルセット(ノルウェー)19分40秒8 P=0]

▼座位の部
 森 宏明(明治大学) 15位 30分37秒6 P=2(0+2)
 [優勝:ダニエル・クノッセン(カナダ) 24分30秒2 P=0]

【女子】
▼立位の部
 出来島桃子(新発田市役所) 10位 20分56秒7 P=0
 阿部 友里香(日立ソリューションズ) 11位 21分04秒6 P=0
 [優勝:オレクサンドラ・コノノヴァ(ウクライナ)18分13秒3 P=0]

************************************************************************

■談話
▼佐藤 圭一選手(エイベックス)

前回のレースで課題だった射撃撃発のタイミングだが、レースになると若干のズレが生じて修正しきれなかった事が悔しい。滑りでは疲労がでてくる最終周でも、追いつかれたカナダのマーク・アレンツ(メダリスト)についていける走力が確認できた事が良かった。
またWAXマンが作ってくれた滑るスキーの完成度の高さに感謝したい。シーズン序盤だが結果が出ていないものの良い感覚はつかめてきたので、射撃と滑りのコンビネーションの精度をさらに高め『表彰台に立つ!』という強いマインドで明日のフィンランド最終レースに備えたい。

▼監督 荒井 秀樹(株式会社電通)
バイアスロンのスプリントレースは無風の中で行われた。
スタンディング男子では佐藤圭一が出場、射撃1回目ペナルティループを1周、2回目は2周回った。1周約22~25秒で合計約75秒かかっている計算になる。世界に通用するのには射撃の力もつけないと上位を狙うことは難しい。
今日のレースのトップ5は、ペナルティ1以下で平均命中率94%だ。もちろん射撃タイムも速い。日本チームにとっての課題は、スケーティング走力の強化で、この課題を克服しない限り世界との差が縮まらない。

スタンディッグ女子の出来島桃子、阿部友里香も満射(命中率100%)であったが課題は同じと言える。射撃は出場選手全員、満射かペナルティー1というハイレベルな射撃成績だった。

シットスキーの森宏明は、1回目の射撃で満射するなど健闘したが15位だった。シッティングクラスの男子上位6位までの射撃は5人が満射で平均命中率は98%だった。

射撃命中率、射撃タイムそして走力タイムが問われるバイアスロン、ヨーロッパでは人気のウィンタースポーツで日本においてもファンを増やして行きたいと思う。明日は、そんなファンを呼び込もうとマススタートの障害クラス別に一斉スタートするクラススタート。障害の重いクラスが先にスタートし、軽いクラスが後ろから追うハンティングスタートとも言われている。最初にゴールしたものが1位になりエキサイティングなレースになるだろう。日本からは4選手が出場する。日本の皆様の応援をどうぞよろしくお願いします。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

2019年
1月 5~ 6日  第21回全日本障がい者クロスカントリースキー競技大会 北海道/旭川市
1月12~19日  WPNSワールドカップ第2戦 スウェーデン/エステルスンド
2月15日~24日 WPNS世界選手権 カナダ/プリンスジョージ
3月13日~17日 WPNSワールドカップ第3戦 日本/札幌

3月 5日~11日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM