障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 世界選手権クロスカントリー・ロングで川除大輝選手が優勝!
ニュース
2019年2月25日
世界選手権クロスカントリー・ロングで川除大輝選手が優勝!
====================================
WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 7日目の結果
クロスカントリー・ロング(クラシカル)で川除大輝選手が優勝!

====================================
国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカナダのプリンスジョージで開幕し、大会最終日の男女クロスカントリー・ロング(クラシカル)が行われました。。

日本からは4名の選手が出場し、男子立位の川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校)が常にリードを保ち世界選手権で見事優勝する快挙を成し遂げました。川除選手は先日2月21日に18歳になったばかりの高校生です。
新田佳浩選手(日立ソリューションズ)は7位、阿部友里香選手(日立ソリューションズ)は8位入賞、岩本啓吾選手(東京美装興業)は12位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。
本日のレースで世界選手権は全日程を終了しました。次回のレースは3月13日から札幌でのワールドカップです。
今後ともご支援いただけますようお願い申し上げます。

====================================
WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会:7日目
====================================
■開催日/2月24日(日)
■スタート時間/午前11時00分
■時差/17時間
■開催地/カナダ プリンスジョージ
■天候/晴れ   ■気温/-11.9℃  ■雪温/-16.3℃

■開催種目/男女クロスカントリー・ロング(クラシカル)
      立位 男子20km、立位 女子15km
************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 川除 大輝(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校) 
  優勝 54分01秒9

 新田 佳浩(日立ソリューションズ) 7位 59分39秒5
 岩本 啓吾(東京美装興業) 12位 1時間07分37秒6

【女子】
▼立位の部
 阿部 友里香(日立ソリューションズ) 8位 59分17秒8
 [優勝:ビルデ・ニールセン(ノルウェー) 50分36秒7]

************************************************************************

■談話
▼川除 大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校)

今日は最初から1位を狙ってレースに臨んだ。1周目の途中経過タイムが1位と聞いて、前半は自信を持って大きく滑ることができていた。しかし、中盤に途中経過2位のカナダの選手に少しずつ詰められ、疲労も出てきたこともあり思うように体を動かせなくなってしまった。最終周は残っている力を振り絞り、無我夢中でゴールに飛び込んだ。
前回のレースでも銅メダルをとれたが、やはり金メダルはとても嬉しい。来月の札幌大会に向けてしっかり体調を整え、みなさんに良い走りを見てもらいたい。

▼監督 荒井 秀樹(株式会社電通)
パラノルディックスキー世界選手権大会の最終戦はロングクラシカル、4選手が出場しました。
平昌パラリンピックの金メダリストの新田佳浩選手、今大会でスプリント銅メダルに輝いた川除大輝選手、初の一桁台の順位を狙う岩本啓吾選手、8位入賞をめざす阿部友里香選手です。

今日は朝の時点でマイナス30度を超える寒さで、スタート時間が1時間延期になりレースが行われました。
防寒対策と体力勝負のロング20kmレースとなりましたが、急成長著しい高校生、川除選手がフランス、ウクライナ、カナダの選手と競合い勝利をものにしました。
スキーポールを持たないLW5/7(両手障害)のクラスにとっては極めて過酷なレースでしたが、佐藤勇治コーチと長濱一年コーチのワックスチームがグリップワックスを的中させ、キックして大きくグライドさせる川除選手の特徴を引き出せたレースでした。また素早いキックで体全体を使ったフォームは各国の監督・コーチからも絶賛されています。

期待がかかった新田選手は約1ヶ月近くカナダでスキートレーニングを積んできましたが、体調を今日のレースに合わせることができませんでした。ベテラン選手をどう一番いい状態でスタートさせるかが今後の私たちの課題と痛感しています。新田選手の今シーズンの目標はワールドカップ札幌大会の3月17日クラシカルレースに絞っており、コーチスタッフも万全な体制で臨みたいと思います。
岩本選手も最後まで健闘して12位、阿部選手は8位争いをウクライナの選手と競い逆転で8位入賞を勝ち取りました。

今大会には、JSC日本スポーツ振興センターのハイパフォーマンス事業で各分野の専門家の皆さんのサポートを受けながら事前合宿、そして大会を戦うことができました。本当に感謝申し上げます。
また選手、スタッフを快く送り出していただいた所属企業や学校の皆様、本当にありがとうございました。COOP様からは日本食提供を今回もサポートしていただき感謝申し上げます。

そして、チームを応援してくださるチームスポンサーの皆様、ご声援をいつも送ってくださる日本の皆様に心から感謝申し上げカナダ・プリンスジョージからのプレスリリースを終わります。
さあ、次はINAS知的障害スキー世界選手権大会(フランス)、そしてパラノルディックスキー ワールドカップ札幌大会です!
応援をよろしくお願いします!

190225_kawayoke_win_m.jpg
2位、3位のライバル選手に祝福される川除選手

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

2019年
3月13日~17日 WPNSワールドカップ第3戦 日本/札幌

3月 5日~11日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2019年]

3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM