障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 ワールドカップドイツ大会クロスカントリー・スプリントで川除大...
ニュース
2020年2月 7日
ワールドカップドイツ大会クロスカントリー・スプリントで川除大輝、阿部友里香が4位!
====================================
WPNS世界パラノルディックスキーワールドカップ第3戦 4日目の結果
クロスカントリー・スプリント・クラシカルで川除大輝、阿部友里香が4位!

====================================
世界パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第3戦が2月1日にドイツのフィンステラウで開幕し、大会4日目の男女クロスカントリー・スプリント・クラシカルが行われました。

日本からは5名の選手が出場し、男子立位の川除大輝選手(日立ソリューションズジュニアスキークラブ・日本大学、富山県出身)が予選2位で決勝に進み4位入賞しました。また女子立位の阿部友里香選手(日立ソリューションズ、岩手県出身)も予選6位で決勝に進み4位に入賞しました。
新田佳浩選手(日立ソリューションズ、岡山県出身)は予選6位でセミファイナルに進みましたが、9位でファイナル進出を逃しました。岩本啓吾選手(東京美装興業、岐阜県出身)は16位、座位の森宏明選手(朝日新聞社、東京都出身)は18位で予選敗退しました。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

kawayoke_taiki_200206_s.jpg
川除大輝選手の力走 撮影:荒井秀樹

abe_yurika_200206_s.jpg
阿部友里香選手の力強い走り 撮影:荒井秀樹

====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第3戦:ドイツ大会4日目
====================================
■開催日/2月6日(木)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/8時間
■開催地/ドイツ フィンステラウ
■天候/晴れ   ■気温/-5℃  ■雪温/0℃
■開催種目/男女クロスカントリー・スプリント・クラシカル
      立位1.5km、座位1km

●競技方式
 予選を行い、準決勝、決勝を行うノックアウト方式
 予選上位12人が準決勝へ進出、2組に分かれて決勝進出を競う
 各組上位3人が決勝へと進み、決勝は6選手で競う
************************************************************************

【男子】
▼立位の部
 川除 大輝(日立ソリューションズJrスキークラブ・日本大学) 4位
 新田 佳浩(日立ソリューションズ) 9位 セミファイナル敗退 
 岩本 啓吾(東京美装興業) 16位 予選敗退
 [優勝:ヴラディスラフ・レコンセヴ(ロシア)]

▼座位の部
 森 宏明(朝日新聞社) 18位 予選敗退
 [優勝:イヴァン・ゴルコフ(ロシア)]

【女子】
▼立位の部
 阿部 友里香(日立ソリューションズ) 4位 
 [優勝:ヴィルデ・ニールセン(ノルウェー)]

************************************************************************

■談話
▼川除 大輝 選手 (日立ソリューションズJrスキークラブ・日本大学)

今回のスプリントレースでは、昨シーズンよりも体のキレがありました。また、グリップも滑走性も良く4位に入賞することができました。しかし、ロシアチームに表彰台を独占されてしまい、とても悔しいです。まだ2試合残っているので、ロシアチームに負けないように頑張りたいです。応援宜しくお願い致します。

▼阿部 友里香 選手 (日立ソリューションズ)
今日のレースは予選でいまいち身体が動かず、重たい走りになってしまった。しかし決勝では勢いよくスタートを切ることができた。途中後方から来た選手に抜かれたが我慢してついていき、最後の下りでスキー板に助けられ、4位入賞することができた。最後まで板を仕上げてくれたスタッフに感謝します。明日は今大会最後のレースとなるので次の大会に繋げられるよう頑張りたい。

▼長濱 一年 クロスカントリースキーチーフコーチ(株式会社日立ソリューションズ監督)
本日クロスカントリー競技初戦、クロスカントリー・スプリント種目が行われ我々は立位の部と座位の部にエントリーしレースに挑んだ。
男子立位の部に出場した川除選手と女子立位の部に出場した阿部選手が共に4位と健闘する滑りを見せてくれた。
天候にも恵まれコースコンディションは良かったものの正午を境に気温の上昇によりグリップワックスの選択が難しいコンディションではあったがワックス班が朝から何度もテストを繰り返し、素晴らしいレース用板を作り上げマテリアルの部分でも助けられ全てが噛み合った。しかし、我々のめざしているところは表彰台であるため今日の良い流れを明日のレースにつなげ、まずは表彰台を獲得できるよう引き続き頑張りたい。
ほかレースに出場した立位の部の新田選手、岩本選手、座位の部の森選手も終始良いレース展開を見せてくれたが、レース中に転倒するアクシデントもあり結果が伴わなかったのが残念であった。選手の体調は悪くないため明日のレースで巻き返ししてくれることに期待を寄せている。

nitta_yoshihiro_200206_s.jpg
新田佳浩選手

iwamoto_keigo_200206_s.jpg
岩本啓吾選手

mori_hiroaki_200206_S.jpg
森宏明選手

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================
2020年
2月1日~8日 WPNSワールドカップ第3戦 ドイツ/フィンステラウ
3月12日~15日 WPNSパラバイアスロン世界選手権大会 スウェーデン/オステルスンド
3月17日~22日 WPNSワールドカップ第4戦 スウェーデン/オステルスンド

3月16日~19日 VIRTUS 知的障害者スキー世界選手権大会
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2020年]

2月 1月

[2019年]

12月 3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM