障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 【速報】ワールドカップフィンランド大会 クロスカントリースキ...
ニュース
2021年3月19日
【速報】ワールドカップフィンランド大会 クロスカントリースキー・ミドルで川除大輝が5位!

====================================
WPNS障害者ノルディックスキーワールドカップフィンランド大会
1日目クロスカントリー・ミドル・クラシカルで川除大輝が5位!
====================================

国際パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第2戦が3月19日にフィンランドのボッカティで開幕し、大会初日の男女クロスカントリー・ミドル(クラシカル)が行われました。

日本からは8名の選手が出場し、男子立位の川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・日本大学スキー部)が5位に入賞しました。新田佳浩(日立ソリューションズ)選手は7位、出来島桃子(新発田市役所)選手は9位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
WPNSパラノルディックスキーワールドカップ:1日目
====================================

■開催日/3月19日(金) ■スタート時間/午前9時30分
------------------------------------
■時差/7時間   ■開催地/フィンランド ボッカティ
------------------------------------
■天候/晴   ■気温/-12℃  ■雪温/-14℃
------------------------------------
■開催種目/男女クロスカントリー・ミドル・クラシカル
      男子立位、視覚 12.5/座位 10km
      女子立位 10km

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【男子】
▼立位の部
 川除 大輝(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・日本大学) 5位 32分25秒5
 新田 佳浩(日立ソリューションズ) 7位 33分23秒8
 岩本 啓吾(土屋ホーム) 12位 36分49秒3
 [優勝:ウラジスラフ・レコンセヴ(ロシア) 29分33秒0]

▼座位の部
 森 宏明(明治大学) 16位 38分12秒0
 柴田 真聖(土屋ホーム) 18位 40分06秒7
 [優勝:イヴァン・ゴルコフ(ロシア) 30分46秒1]


【女子】
▼立位の部
 出来島 桃子(新発田市役所) 9位 36分11秒7
 阿部 友里香(日立ソリューションズ) 10位 36分27秒9
 岩本 美歌(北海道エネルギーJrパラスキーチーム・富山県立雄山高校) 11位 40分37秒1
 [優勝:ヴィルデ・ニルセン(ノルウェー) 28分51秒5]


【ルーキーレース】
▼座位の部
 源 貴晴(HOKKAIDO ADAPTIVE SPORTS) 41分47秒5

▼視覚の部
 有安 諒平(東急イーライフデザイン/杏林大学) 41分27秒2
 藤田 佑平ガイド(スポーツフィールド)

************************************************************************

■談話
▼川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・日本大学)
今日のレースは前半良かったのですが、後半に失速して3、4位の選手にかなり離されてしまいました。自分が思った滑りが出来なかったので、どこがダメだったのかを反省し、明日からのレースに活かしたいです。
応援よろしくお願いします。

▼荒井秀樹ゼネラルマネージャー(北海道エネルギー株式会社パラスキー部監督・株式会社電通)
今シーズン初めて海外遠征となったフィンランド大会初戦、日本チームが得意とするクラシカルレースが行われました。
コロナ禍の中にあってフィンランド政府/大会組織委員会の入国制限で充分な時差調整・事前トレーニングができない中でレースを迎えることになり、欧州中心の選手達との戦いとなりました。
男子立位の部では、2.5kmコースを5周で行われ、川除大輝は1周目、トップ3と秒差・同タイムの4位と好位置で前半を戦いましたが、後半、ロシア勢に上位を独占され、スタミナとパワーがそのままタイム差となりました。
成績は、川除の5位が最高で悔しい内容になりましたが、全選手たちは今ある力を全力で出してくれたと思います。
また、若い選手たちも北京パラリンピックの国別出場枠数を獲得するために必要なレースポイント(優勝者とのタイム差を基に計算されたポイント)めざして奮闘しています。
明日のスプリントレース(フリー)に向け、チーム一丸となって戦っていきます。
日本からの応援を、どうぞよろしくお願いします。

====================================
今シーズンのスケジュール
====================================

 3月19日(金)クロスカントリー・ミドル・クラシカル
   20日(土)クロスカントリー・スプリント・フリー
   22日(月)クロスカントリー・ロング・フリー
   23日(火)クロスカントリー・ショート・クラシカル
   25日(木)バイアスロン・スプリント
   26日(金)バイアスロン・インディビデュアル

ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2021年]

3月 2月

[2020年]

3月 2月 1月

[2019年]

12月 3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM