障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム ニュース一覧 クロスカントリースキージュニアキャンプ報告
ニュース
2011年5月 4日
クロスカントリースキージュニアキャンプ報告
クロスカントリースキージュニアキャンプが、5月1日(日)に上川郡東川町の旭岳クロスカントリースキーコースで、悪天候にもかかわらず選手・スタッフ約30名が参加して開催されました。
午前9時半に集合し、準備などを行い早速コースへ行きました。

開講式では主催者を代表して長田弘幸副会長の挨拶に続き、参加選手・講師陣の自己紹介を行い、グループ及びペアーを組みコースへ行きました。
今シーズン最後のスキーとあって、マイペースで講師の指導を受けながら、約1時間余りスキーを楽しみました。
滑り終わった選手達は、飲み物のブースで雨で冷え切った体をスープであたため、ほっと一息ついていました。皆心地よい汗をかきました。

ジュニアキャンプに参加した選手・スタッフ
(ジュニアキャンプに参加した選手・スタッフ)

参加したジュニアと長田選手
(参加したジュニアと長田選手)

今回のキャンプはチャリティーということで、東日本大震災の義援金募金箱を設置させていただき、参加者から心温まる募金が寄せられました。

東日本大震災の義援金募金箱
(東日本大震災の義援金募金箱を設置させていただきました)

また、5月連休は、学生・実業団のスキー合宿も盛んに行われており、一般の方にも飲み物を提供しました。

午後は、交流会を行い、参加者からの感想や意見交換など和やかな時間を過ごしました。
最後に閉講式を行い、荒井秀樹日本チーム監督より「フェスタで会いましょう」という総括で締めくくりました。

当初、どのくらい人が集まるか心配していましたが、多くの皆様の協力により、無事終了することが出来ました。感謝するとともに、厚く御礼を申し上げます。
なお、皆様から寄せられた寄付金15,576円は、旭川市社会福祉協議会を通じて東日本大震災の被災地に寄付いたします。

(報告 加藤 弘)
ニュース 一覧へ
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

[2019年]

3月 2月 1月

[2018年]

12月 3月 2月 1月

[2017年]

12月 10月 9月 3月 2月 1月

[2016年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 9月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 5月 3月 1月

[2013年]

12月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 6月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM