障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 胃カメラ
荒井監督の情熱日記
胃カメラ
人間ドックに行ってきました。
年度内に全員受けなくてはいけないらしく、やっと受診できた。
今回は、お腹の調子が良くないし、ご飯を食べるとすぐに痛くなる。それに食道あたりがよく詰まる感じがするのでレントゲンでなく、胃カメラをお願いした。

若い時に十二指腸潰瘍や肺炎で2か月くらい入院していたことがあって、最近心配だった。
胃カメラは、昔、何回か飲んだことがあって、大丈夫かなと思ったけど、今までの記憶とまるで違っていた。
若いころの記憶はあてにならない・・・

麻酔したり、鼻からのタイプなど、だいぶ改善されているようだ。僕は、昔からの胃カメラを純粋に入れていく「男気」コースを選んだ。
それが大きな過ちだった・・・

検査技師の方が、二人がかりで、やさしく声を掛けてくれているけど、
もう僕は限界で、「げふ~、げほ~」と連発するしかなかった。
涙は出るし、鼻水やよだれがだらだらだし、めちゃ苦しかった・・・

全部検査が終わったのがお昼を過ぎていた。
「着替えて、病院内のタニタ食堂でランチをどうぞ」と言われ、「おっ、あのタニタ?」と元気を出して食べようとしたが、胃カメラに全面降伏していた僕の胃袋君は、もうなにも、うけつけてくれないのだ。
せっかくだから、写真を撮って、帰ってきた。

タニタ食堂日替わり定食800円
タニタ食堂日替わり定食800円


初めてのタニタ食堂だったのに・・・
でも、今日の胃袋君には迷惑をかけてしまったので、少しはゆっくり休ませてあげようと思った。

11月から3月いっぱいまで、ほとんど遠征だった今シーズン、振り返ってみると、睡眠時間もバラバラで、これを改善すること。
耳鳴りもひどく、もう一度病院へ行くことにした。
2013年3月28日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM