障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 フィンランド大会を終えて
荒井監督の情熱日記
フィンランド大会を終えて
この大会では、2014ソチに向けた各国の取り組みが分かってきた。
ウクライナ、フランス、ポーランドなど資金不足を理由に参加していない。
大会の表彰式も大変質素で、メダルなどもない。
選手たちの気持ちを考えると、地元の記念品だけでなく、なにか賞状やメダル等の賞を出してあげたいと思った。
ヨーロッパの不況が、こんなところにも影響しているのではないだろうか?

今回、非常に感じたことは、女子の競技レベルをもっと強化し底上げしないといけないと感じたことだ。
2点目は、大会の運営レベルは、大変、向上していた。
ルールも確立してきて、リザルトも早く出されていた。FISのTD、IBUのTDが参加しているからだろう。
3点目は、ロシアの立位ジュニアたち(小中学生)7~8名、大会でも活躍していた。
すでに日本選手も負けている場面もあり3年後、驚異の存在だろう。
4点目は、コーチなどの指導体制を一新したノルウェー、アメリカが今後強化されるだろう。
ノルウェー監督は、ノルウェースキー連盟、FISのTD経験者であるブロックス氏が就任した。
アメリカの監督は、ジェームズ氏で、アメリカバイアスロン連合のメンバー、アメリカ障害者バイアスロンチームとして、活動を開始した。
3人のバイアスロンコーチが来ていた。

各国とも、今後ソチに向け、対策を練ってくるだろう。
我々も、のんびりしていられない。

ライフルチェックの様子
(レース前にライフルチェックを受ける)

バイアスロンコーチたち
(アメリカチームは3人のバイアスロンコーチがいる)

2011年1月24日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM