IPC NORDIC SKIING 2017 IPC Cross Country Skiing World Cup Sapporo, Japan

ワールドカップ最終戦が再び札幌で開催!

北京パラリンピックへ向けた第一歩が今はじまる

2018-2019シーズン 世界の強豪が札幌に集結

迫力のレースを応援してください!!

2019 ワールドパラノルディックスキー
ワールドカップ札幌大会

大会概要

2019ワールドパラノルディックスキー
ワールドカップ 札幌大会

私たちは、日本の皆さんへ、地元の皆さんと一緒に作る、
障がいのある人も無い人も感動し楽しめるワールドカップをお届けします

■大会概要

●大会名称:

2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ札幌大会

●期間:2019年3月12日(火)~17日(日)


●競技会場:西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区西岡)


●入場料:無料


●競技種目:

クロスカントリースキー(視覚障がい、立位、座位)
バイアスロン(視覚障がい、立位、座位)

●大会日程:

3月12日(火)公式練習
3月13日(水)バイアスロン(ミドル)
競技開始式
3月14日(木)バイアスロン(スプリント)
3月15日(金)公式練習
3月16日(土)クロスカントリー(ミドル・フリー)
<パラアスリートと一緒に滑るクロスカントリースキー・バイアスロンチャレンジ>
3月17日(日)クロスカントリー(ショート・クラシカル)
総合表彰式
※競技時間は10:00~12:00までを予定しています。
※天候によりスタート開始が前後する恐れがあります。

●セレモニー:

(1)競技開始式
  日程:2019年3月13日(水) バイアスロン競技開始前(時間未定)
  場所:西岡バイアスロン競技場
(2)総合表彰式
  日程:2019年3月17日(日)全競技終了後(時間未定)
  場所:札幌駅前通地下広場

●開催規模:

参加国10カ国、参加者数100名(選手70名、スタッフ30名)(予定)

■市民交流事業計画

(1)競技観戦

パラスポーツの世界大会を間近で見ることは貴重な機会となるため、市内の各学校に観戦授業の調整を行う。

(2)競技会場での交流事業

大会期間中、アスリートとの交流の機会として、障がい者スキーの体験会や、障がいの有無にかかわらずアスリートと一緒にスキーを楽しむイベントを企画し、障がいのある子どもたちに競技をはじめるきっかけづくりを行いたい。
 ●日時:3月16日(土)競技終了後 12時頃~13時まで(予定) 
「パラアスリートと一緒に滑るクロスカントリースキー・バイアスロンチャレンジ」

(3)代表選手等の学校訪問

競技観戦に参加していただく学校等に、日本代表選手や監督コーチが訪問して、子どもと交流する。子どもたちには、大会や競技のことを学習し、トップアスリートとの交流を通して、スキーを始めとした障がい者スポーツへの理解を深めていただきたいと考えています。

■組織

●主催:

特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟

●共催:

世界パラノルディックスキー連盟(WPNS)
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

●主管:

2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ札幌大会実行委員会
(特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟・札幌市・北海道バイアスロン連盟・公益財団法人札幌スキー連盟・一般社団法人札幌市障がい者スポーツ協会・一般財団法人さっぽろ健康スポーツ財団・札幌商工会議所・株式会社北海道新聞社)

●お問合せ:

特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟
TEL: 03-6229-5429
FAX: 03-6229-5420
E-mail: wpns-wc.sapporo.info@jps-ski.com
https://jps-ski.com/contact

Sponsors