障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 フィンランドの夏
荒井監督の情熱日記
フィンランドの夏

練習前に記念撮影。
二人とも新しいシットスキーです。
久保選手のシットスキーは、高速化と防寒対策の改良を行いました。
江野選手は、体幹や座位が安定しているので、上半身を最大限に使えるようにしました。
真夏もクロスカントリースキーができるスキートンネルでテスト滑走とトレーニングに励みます。

早稲田大学のスキー部(倉田監督と部員13名)が3週間、ボッカティに来ています。
毎年来ているとのことですが、日本の学生にとっては、海外での合宿は貴重な経験になると思います。
きっと、世界で活躍する選手が、この中から生まれるのでしょうね。
若い学生たちに期待しています。

朝のビュッフェには、フィンランドの果実がでていて、阿部コーチが「これ、昔食べましたよね?」と言って教えてくれまし た。
昔、食べるものがなかったので、良く食べましたが、酸っぱすぎてお腹を壊した記憶があります・・・
懐かしい。
北海道では、赤い小さい実をカリンズ、緑色の実がグスベリと呼んでいたと思います。
フィンランドの自然の恵み、果実を食べれるのは、フィンランドの田舎でないと食べれないでしょうね。
美味しいですよ。

130813_04.jpg
久保恒造選手

130813_02.jpg
江野麻由子選手

130813_05.jpg
練習初めに記念撮影

130813_01.jpg
甘酸っぱいカリンズ

130813_03.jpg
熟したフィンランドのグスベリ

2013年8月13日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM