障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 スキートンネル射撃場
荒井監督の情熱日記
スキートンネル射撃場
スキートンネル内の折返しする終点にエアーライフル用の射撃場があります。
ここでトレーニングできるように交渉しました。
当初、屋外の射撃場を使用する計画でしたが、ピッケ(車いすのままスキーポールで進む)やマラソン用レーサーで負荷を上げようとしましたが、なかなか心拍が上がりません。
トンネル内の射撃場なら、急な上りを200mをシットスキーで負荷をかけ、負荷射撃トレーニングできます。

課題は、射撃タイムの短縮に取り組んでいます。
2011/12シーズンは、一回(5弾)の射撃で約30~40秒でした。それを昨シーズンは20秒台にまとめることができています。
今シーズンは20秒以内を目標にしており、確実に短縮しています。日頃のトレーニングの成果です。

心拍を上げて射撃トレーニング
心拍を上げて射撃トレーニング

的が3基、10mの距離です
的が3基、10mの距離です

阿部コーチ、荷物の移動はそりで
阿部コーチ、荷物の移動はそりで


10年前は、観光客もバスで見学に来ていたスキートンネルですが、最近は珍しくもなくなったのか、とても寂しいです。
カッフェやお土産屋さんなどが次々と閉店し、今は「インタースポーツ」というスポーツショップと美容室しか営業していません。受付のアルバイトの方に聞いたら、今日は延100人ぐらいのスキートンネル利用者とのこと。

スキートンネルのホール
スキートンネルのホール

カフェも閉店した
カフェも閉店した

閉店して空きスペースばかり
閉店して空きスペースばかり

2013年8月14日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM