障害者クロスカントリースキー 日本チーム
Go to English
プレス・取材ご依頼の方へ お問い合わせ サイトマップ
ホーム 日本チームを知ろう 選手・スタッフ! どんな競技なの? 大会情報・結果を見よう! 活動を見る スポンサーのご紹介 仲間のWa!
ホーム 荒井監督の情熱日記 シットバイア、日本人初優勝!
荒井監督の情熱日記
シットバイア、日本人初優勝!
久保恒造選手(日立ソリューションズ)が、ロシアのイレク選手、ノルウェーのラーセン選手らを振り切り、見事初優勝を飾った。
IPCワールドカップ・バイアスロン競技では、シットスキーの部では、日本人初の優勝だ。
この日の久保恒造選手は、冷静に射撃を行った。
射撃タイム25秒と安定した射撃で、予選2回、決勝2回とも満射(20発中20発命中)というパーフェクトな射撃で、会場から歓声があがった。
「久保、満射」のコーチの無線に、応援に駆け付けた選手やコーチたち総出で応援した。

ここまでバイアスロンの射撃技術が向上した大きな理由は、網走市での射撃トレーニング出来たことが大きい。海外に行かないと出来なかったバイアスロン。
「国内でできるなんて、夢のようだ。」と話す久保恒造選手。
バイアスロンの豊富なトレーニングが可能になった。
網走市の皆さんに本当に感謝だ。

予選は、900mのスプリントコースを3周、2回の射撃(5発)、ペナルティ1回20秒というレースで、走りだけでも3番に入る快走をみせ、イレク選手に11秒差、ラーセン選手に3秒負けただけだ、射撃ペナルティタイムゼロで1位通過した。
決勝は、予選順位でスタートし、久保選手は逃げるレース展開。
もちろん1番でゴールすれば優勝だ。

決勝の射撃ペナルティーは1回外すと80mの周回コースを回らないといけない。1周20秒以上かかってしまう。
ここでも久保選手は、落ち着いて満射!!
100%の射撃を行った。
阿部由香里コーチの苦労が報われた一瞬だった。
トップで、ゴールに向かう久保選手の背中を見つめ、万感の思いだ。

シットバイアで日本人初の優勝
シットバイアで日本人初の優勝

レース前に照準を合わせる
レース前に照準を合わせる

ラストスパートする久保選手
ラストスパートする久保選手

初優勝を祝う
初優勝を祝う

大平ヘッドコーチと若井ワックスコーチと新田選手に囲まれて
大平ヘッドコーチと若井ワックスコーチと新田選手に囲まれて

2011年1月22日 (荒井秀樹)
日本チームの選手・スタッフの紹介はこちらからご覧ください。
このページの上へ
荒井監督の情熱日記

友里香のがッつァ頑張るBLOG

[2016年]

10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2015年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2014年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2013年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2012年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2011年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

[2010年]

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
障害者クロスカントリースキー日本チームウェブサイト制作・運営 協力 OFFICE TOMOE All Rights Reserved, Copyright(C) Cross Coutry Skiing for the Disabled JAPAN TEAM